内閣総理大臣認定適格消費者団体 特定非営利活動法人 消費者市民サポートちば

組織案内

理事長の挨拶

内閣総理大臣認定適格消費者団体 特定非営利活動法人 消費者市民サポートちば

はじめまして。消費者市民サポートちば(サポ・ちば)の理事長の拝師(はいし)と申します。
サポ・ちばは,消費者団体や学者・弁護士・司法書士・消費生活相談員,生活協同組合,労働者福祉団体などが集まってできたNPO法人です。2019年6月に千葉県初の「適格消費者団体」の認定を受けました。
「適格消費者団体」は,消費者契約法などの法律に基づいて,事業者に対して,不当な契約条項や表示の使用の差し止め請求訴訟を提起したり,改善の申し入れを行うことが認められた団体であり,消費者の強い味方としてその活躍が期待されています。
現在サポ・ちばでは,問題のある契約条項や広告などについて法的な検討を行い,必要に応じて個別の事業者への申し入れなどを行っています。申し入れのみで是正されない場合には差し止め請求訴訟の裁判を行うこともあります。これまでに数々の不当な広告・契約条項の是正を事業者に対して求め,改善につなげてきました。
皆さんがサポ・ちばの会員になったり,活動資金を寄付して頂くことは,私たちの活動の大きな力になります。また,問題のある事業者の勧誘や契約条項を教えて頂ければ,その後の被害の予防や拡大防止のために真剣に対応を検討します(※1)。
是非是非私たちの活動へのご参加・ご協力をお願いします。
サポ・ちばは,わたしたち消費者が安心して豊かな生活を送れるよう,消費者関係の団体や専門家だけでなく,地域で活動するさまざまな団体といろいろな連携をしながら活動をしていきたいと思っています。まずはマスコットキャラクターの「サポっち・ちぽっち」と共に「サポ・ちば」の愛称を覚えて下さいね。
※1 サポ・ちばは個々の消費者の方の被害救済はできませんのでご了承下さい。

組織図

内閣総理大臣認定適格消費者団体 特定非営利活動法人 消費者市民サポートちば

現在の会員数(2022年6月12日時点)

個人正会員:104名

個人賛助会員:18名